国内ツアー

 【宇宙に思いを馳せる2日間】JAXA筑波宇宙センター&つくばエキスポセンター見学バスツアー

写真

つくばエキスポセンター                  写真提供 (公財)つくば科学万博記念財団

2日間

日本の宇宙開発における中心的な事業所「JAXA筑波宇宙センター」と世界最大級のプラネタリウム施設を持つ「つくばエキスポセンター」を見学します。最新の宇宙映像システムで投影される美しい星空を眺めながら宇宙に思いを馳せる2日間です。今回新たに最先端のロボット技術に触れ合える「サイバーダインスタジオ」の見学が加わりました。


■出発日
2019年3月27日(水)
■旅行代金
39,800円(お一人様)

上記旅行代金は、1室2〜3名様利用の場合です。

※中学生以下のお子様は、お一人様2,000円引き、更に添い寝のお子様(12際以下)は8,000円引きとなります。
※添い寝は大人お一人に対して、お子様お一人です。
※1室1名利用の場合は2,000円増しとなります。

◆催行最少人員:15名様
◆添乗員:富山より同行
◆お食事:朝食1回・昼食2回・夕食0回
◆利用バス会社:新富観光バス

【JAXA(宇宙航空研究開発機構)筑波宇宙センター】
筑波研究学園都市に一画にあり、1972年(昭和47年)に開設しました。約53万平方メートルの敷地に、研究学園都市にふさわしい緑豊かな環境と最新の試験整備を整えた総合的な事業所です。
宇宙からの目となる人工衛星の開発・運用及びその観測画像の解析、「きぼう」日本実験棟を用いた宇宙環境利用や宇宙飛行士養成と活動推進、ロケット輸送システムの開発と技術基盤確立のための技術研究推進を行っております。
※運用管制室は他の見学施設よりも高いセキュリティ区分となるため見学の際は、写真付きの身分証明書(免許証・学生証など)の提出が必要となります。

期日 行程 宿泊先・食事条件
1 砺波駅(6:00発)・高岡砺波スマートIC(6:15発)・新富バスセンター(6:40発)【無料駐車場有】・魚津IC(7:10発)=≪貸切バス≫=(車中昼食弁当)=サイバーダインスタジオ【ロボットや先端福祉機器の展示エリア等を見学】=JAXA筑波宇宙センター【本物の宇宙開発に触れることができる日本で最大規模の宇宙航空開発施設。「きぼう」運用管制室、宇宙飛行士養成エリアをガイド付で見学】=オークラフロンティアホテルつくば(16:45頃着)【筑波研究学園都市の中心に位置するシティホテル。夕食は各自となります】 
                                                               <つくば市内(ホテル) 泊>
朝:×           昼:○
(お弁当)          夕:×
2 ホテル=国土地理院「地図と測量の科学館」【地図や測量に関する歴史、原理や仕組み、新しい技術など総合的に展示】=つくばエキスポセンター【宇宙や深海、エネルギーに関する体験型展示。世界最大級のプラネタリウムにて美しい宇宙や星空の映像をお楽しみ下さい】=筑波ハム・レストラン自然味工房&直売店【手作りハムで有名な筑波ハムの直営レストランで昼食とショッピング】=乗車各地(20:00〜21:30頃) 朝:○           昼:○          夕:×
北日本新聞旅行会 [株式会社北日本新聞開発センター]
〒930-0094 富山県富山市安住町2-14 北日本新聞社3階
TEL 076-445-3587 FAX 076-431-1915

お問い合わせ・資料請求 アクセスマップ